おかしなほしのはなし

とっ散らかっている。

シェラックのライブのはなし

11月23日の文学フリマに続き、24日はシェラックのライブに行って来ました。 シェラックとはとてもかっこよい三人組のバンドであり、メンバーは以下の三人です。 スティーヴ・アルビニ(ギター、ボーカル) ボブ・ウェストン(ベース) トッド・トレイ…

文学フリマのはなし

これまでにも何度か申し上げておりますが、ぼくがMacBook Airをバックに写真を撮るのは自室に皆様の御目に掛けるに適当な部分がないからであり、決してMacユーザーであることをアピールしたいわけではないということをご承知おきください。 白地に赤が目を惹…

文学フリマに関する告知またはインフォームド・コンセントと呼べそうなもの

竹中直人の持ちネタに「笑いながら怒る人」というのがあるけれども、文章を書いているときのぼくは大概あんな風で、あとになって考えてみるととてもとても気味が悪い。 笑いながら怒るぼくが書いた笑いながら怒っているような文章があり、それを捏ねくり回し…

秋のロサンゼルス

休日。 欲しいものがあったこと、何とはなしに家にいたくなかったこと、この二つが結び付いた結果、半分夢遊病患者のようにしてふらふらと外へ出る運びとなった。 気が付いたらぼくはロサンゼルスにいた。欲しいものを効率よく手に入れるにはこの街が最適で…

細腕で秋を叩く

休日。草や木をたくさん切るなどした。 虫が大嫌いなのだけれども、日々のストレスの方が勝り、ほとんど八つ当たりのような形で虫を殺しながら作業を進めた。今日は久々に暑さを感じるような気温だったので汗だくになってしまった。午前と午後とに二時間ずつ…

ふむふむつまり

休日。 今日は一日気分が優れなかったし、これは結構尾を引きそう。 おしっこもろくに出やしないよ。 ***** 蛇遣いは蛇のことが好きで好きで堪らなかったのだけれども、蛇と仲が良いこと以外に何の取り柄もなかった彼は、蛇の厚意に甘え、蛇遣いとして…

断食か、さもなくば

休日。 日中から夜にかけて散々飲み食いした。飲み食いすることが目的の外出。十三時半頃に家を出て、移動時間を除けばほぼずっと飲み食いしていた。痩せ形だがそこそこ大食いなので、結構な量の食べ物飲み物が胃に流し込まれることとなった。何を食い何を飲…

正しい休みの過ごし方

けろりんぱ、というような心持ちである。 休日であるにも関わらず別段予定らしい予定はない。七時過ぎに目が覚めてそのまま携帯をいじりながらぼうっとし、八時半になってケーブルテレビで『ふるさと再生 日本の昔ばなし』を視聴。しかし内容は一切頭に入っ…

【続々】そうだ、あやまちを繰り返そう(誤って記事を消したので再投稿)

出ちゃった。 http://line.me/S/sticker/1175274 一部のスタンプ(将棋の駒じみた生き物たち)が「コミュニケーションに適さない」との理由でリジェクトされていたのですが、再審査を乗り越えて出ちゃいました。将棋の駒みたいな生き物には「御意」とか「待…

【続】そうだ、あやまちを繰り返そう

誰もが待ち望んでいないLINEスタンプ第二弾の審査をリクエストしました。 様子。 だいぶカラフルです。 第一弾のスタンプは色合いが寂しいとの指摘を受けたりもしたのですが、加減を知らないためこのような結果となりました。貴様らの濁った目に焼き付けると…

そうだ、あやまちを繰り返そう

よくわからない生き物に囲まれて生活したいという欲求が高まりを見せているのでよくわからない生き物の絵を描いたりしています。 いつまで経ってもスクショの方法を覚えないおじいちゃん。 おいしいお菓子などを購入したい欲求もあるので描いた絵にLINEスタ…

鴨居玲おじさんのはなし

社会生活との距離感を調整するため鴨居玲を見てきた。 【引きずり込まれる】画家、鴨居玲まとめ - NAVER まとめ このおじさんは良いですね。 社会にフィットしていない感じが良い。ガス自殺しちゃってるし。 鴨居氏の生年月日についてのエピソードが面白いの…

絵【91】〜【100】

【91】ある外国の方。一枚目。 【92】ある外国の方。二枚目。 【93】ある外国の方。三枚目。 【94】ある外国の方。四枚目。だんだん好みの描き方にデフォルメされていった。 【95】パソコンでの作。スクリーントーンを貼るのはたのしい。 【96】…

絵【81】〜【90】

【81】古き良きオタク像。最近は秋葉原でもこういうタイプの方には滅多にお目にかかることがなくなってしまいました。 【82】虚無くんをあしらったマグカップ。下記サイトでご購入いただけます。 けもの ( kemono_books ) ∞ SUZURI 【83】これは街です…

絵【71】〜【80】

【71】鉄砲の絵です。付箋に描きました。会心の出来映え。 【72】塔を案内する中年男性。カレンダーボーイについての言及が見られる。 【73】人にものを頼むのに適した態度には見えません。右下に見切れたサングラスの人物も不可解です。 【74】熱い…

絵【61】〜【70】

【61】ステッカーを作ってみました。不穏なメッセージが込められています。メメント・モリ。 【62】ステッカーのアップです。調子に乗って作ったのでまだ手元に何枚もあります。 【63】Twitterの鳥。 【64】おにぎりマン。海苔によって都合良く大事…

絵【51】〜【60】

【51】座っている幼児。それよりも右下に見切れている謎の生物が気になる。 【52】目を覚ました怪物、そのほか。 【53】前傾姿勢の生物。やる気が失われている。右上はぱっと見ジーンズに見えますが、じつは大好きなワシントン記念塔。 【54】体育座…

絵【41】〜【50】

【41】服装がカジュアルですが勇者です。鳥山明のスライムのデザインは神がかっていると思う。 【42】Twitterのアイコンに使っていた画像。なだらかなカーブが美しい。 【43】ドスを持った男性。北野映画が好きです。 【44】心の中の不安とか怒りと…

絵【31】〜【40】

【31】実力行使に出た鬼。手にあるのはトカレフです。 【32】「角はとんがりコーン」であるとのこと。背景はRadioheadの『KID A』のジャケットをイメージした山脈です。 【33】散歩を楽しむ鬼。地獄ののどかな日常を窺い知ることができます。 【34】…

絵【21】〜【30】

【21】またウォンバットが出てきました。今度は色が着いています。色鉛筆は今のところ青系のものしか持っていません。CARAN d'ACHEの色鉛筆を愛用しています。 【22】頭身の高いキャラクターを描くの少ないです。あまりかわいらしくないからです。同情を…

絵【11】〜【20】

【11】ぼくが敬愛するアニマル。パグは殿堂入りしました。 【12】洗濯機です。 【13】たびたびモチーフにしている少年。目が死んでいるというか、虚空に囚われているというか。見切れているのは誰でしょうか。 【14】たぶんコアラです。 【15】た…

絵【1】〜【10】

【1】頭の上に何か乗ってる。「ぱあああああ」ってどういうことだろう。油断するとぎっしりノートを埋めてしまう癖がある。 【2】また頭の上に何か乗ってる。見方によっては「くまの上の人の上の小人」ようにも見える。汚らしいおじさんもいる。 【3】ね…

イボと西村賢太の話

今日は皮膚科へ行った。 耳の付け根辺りに直径3ミリほどの小さなイボができて鬱陶しくて堪らなかった。以前にも同じ場所に同じようなイボができたことがある。これがまたイボと呼んでみるにも酷く煮え切らない、とても中途半端なフォルムをした突起なのだ。…

みんみんが鳴く時間脳(冬が来た)

「あ、もしもし、ボルネオに生息しているアオエリアブラゼミさんとお話したいんですが」 「はい。ボルネオに生息しているアオエリアブラゼミですね。只今お取次ぎいたします。少々お待ちください」 ピロピ∞ピロピ 「お電話代わりました、ボルネオに生息しているア…

柔らかな白のヴェールを求めて

かわいいものを接種すると、その間のほんの一瞬間だけではあるが、頭の中に山積した嫌なイメージに柔らかな白のヴェールが掛かる。 つらく苦しいときほど人はかわいいものに触れるべきなのだ。 で、行きました。ヴェールで覆う為に。 第一印象からして鬱蒼と…

サーヴ・ザ・サーヴァンツ

犬山さんはプロフェッショナルだった。 何のプロかというと、勤め人のプロなのである。ただし職業は不明だ。 犬山さんは「とら」によって神田が破壊されたときも律儀に出社したのだという。何の仕事をしているのかは不明だったが、兎に角出社したのだという…

ティームワーク

「匍匐前進マン!おれも助太刀するぞ!」

スピード狂

臨時ニュースです。三万頭の赤ん坊を追って匍匐前進マンが匍匐前進し始めました。

ピンク・プディング

ダメになってしまった神田の町に直径三百メートルほどの大穴が空いた。 大穴からのっそりと姿を現したのがママン。慈愛に満ちた瞳が母性を連想させるので、ぼくが勝手にそう呼んでいる。 ママンは瓦礫の山をがちゃがちゃと捏ねくり回していた。倒壊したビル…

過鈍感症患者M

Mさんが不安と養子縁組した。 生後三ヶ月ほどの不安を東池袋で拾って来たらしい。不安はMさんによく懐いていた。 Mさんはこれまでにも何匹かの不安を保護し、育て上げ、リリースして来たのだという。不安を育てることは最早彼のライフワークとなっているらし…

どろんこ大行進

臨時ニュースです。三万頭の赤ん坊が神田を目指して這い這いし始めました。

黄色くて大きいもの

町にとらが現れた。 とらは人間を踏み潰してしまわないよう慎重に進路を選んだが、そのドでかい図体ではデリケートな歩行にも限界があった。 伸されていく人々の絶叫。とらは泣きながら歩みを進めたが、罪悪感に精神をやられてしまい、ついに神田で倒れた。 …

仮面の隣人

隣人が怪人で人参が凶刃だった。 「何人殺ったの?」と聞いてみると「この惑星ではまだ五千」と大変なことを言う。ほかの星にも殺人罪というものがあるのか知らないけれど、ぼくは兎に角「厄介なことになったな」と頭を抱えてしまった。 不穏な隣人の不穏な…